神奈川
険 道
710号線
#005
2007.03.10 走行
その6

2つの峠を無事に越えた久留里は、道に沿って一気に坂を掛け下る。
姿を暗ましていた真のr710も知らん間に合流しており、あーだこーだ騒いでいるうちにゲートまで辿り着いてしまった。

秦野峠林道ももうすぐ終点。そして、ついにr710が「r710」として復活する─────。

11 一本道

14:49 [地図を表示]
無事にゲートに辿り着き、ホッとため息をつく。ここを抜ければクルマも堂々と走れる区間となる。秦野峠林道の案内図によると、ここから終点まではおよそ2kmであり、全長15kmの秦野峠林道の行程もあとわずかであることが分かる。

地図を見なはった方はお気づきだろうが、このゲートは秦野峠林道だけでなく、寄(やどりき)から田代橋まで迷走していた県道710号線のゲートでもある。
自転車はゲート脇の隙間から抜けられるのだが、その向こうにあるDQN仕様のクルマが!!!! も、もしかして……………、


な、何だ、廃車か………(良かった)
そこにはナウなヤングが乗っていそうな半DQN仕様のクラウンが捨ててあった。ゲートを出ていきなりこれなので、思わずガクブル。まぁ、仮にDQNが溜まってたとしてもこちらは華麗にスルーするんですけれどもねぇ。下り坂さかい、何とかなるわ。


ゲートを出ても下り坂は続く。ゲートを抜けた最初のヘアピンカーブからは、この先で1本の道が分岐している。Yahoo!の地図曰く「この1.0車線激狭コンクリートロードが県道710」というが、俄に信じがたい。ホンマかいな→地図
まぁ、峠付近の迷走っぷりを考えれば不思議でもないが。


結局、r710「らしい」分岐はスルーして秦野峠林道を終点まで走ることに決めた。「r710を完走する」という目的から思いっきり外れているが、前半戦から既に外れているので気にしないことにした。

こちらは秦野峠林道最後のトラス橋、小菅沢橋である。寄大橋と造りが似ているが、小菅沢橋は茶色いので雰囲気がまるで異なる。まわりの景色も異なるせいでもあろう。


丹沢湖が見えてきた。終点は近い。既に13kmポイントは小菅沢橋の手前で通過している。
ところどころコンクリで補修されたボロボロの舗装路を、やはり7〜8%くらいの勾配で一気に下る。


そして、秦野峠林道は終点を迎える。全長15km。意外と長い林道だった。次にここを通るのは、今回適うことの出来なかった真のr710の探索の時となろう。
すぐ脇には丹沢湖ビジターセンターという施設があり、路線バスもここまで走っている。まわりはビジターセンターと関係ありそうなレジャー施設もある。


林道の終点から東側(秦野峠側)をのぞむ。
小菅沢橋付近に農家と作業所と思われる建物があるため、ゲートは2kmオフセットされたものとみられる。目を凝らすと、向こうの山肌に一筋の道が見えるのが分かる。その向こうの山のV字形の窪みが、おそらく真のr710が通る本当の秦野峠であろう。


日照時間が延びたとはいえ、今はまだ3月上旬。陽も傾き始めている。夕焼け色に染まる丹沢湖をしばし眺める。
(夕焼けを強調するためにPhotoshopでオレンジフィルタを掛けているが、久留里が見た丹沢湖の雰囲気はこんなんやった。)


12 復活

15:22 [地図を表示]
さて、久留里はここ丹沢湖ビジターセンターにてr710のヘキサ(県道標識)と対面する。所在地は「松田町 寄」から「山北町 玄倉(くろくら)」に変わっている。
神奈川県は平成に入ってから県道番号を1から振り直したので、県内で見られる県道標識は比較的新しい。(旧型は標識のフォントが異なる。)


活動再開したr710は湖岸に沿ってぐねぐねと南下する。この区間は歩道付きで広幅2車線という最高スペックの区間であり、非常に走りやすい。それもそのハズ。丹沢湖は1970年代に建造された三保ダムの人造湖であり、つまり、この道はダム建設によって付け替えられた「新線」である。


道路脇から撮った1枚。湖からひょこっと頭を出す山の姿は人造湖ならでは。
秦野峠〜第2の峠で聴いたブンブン音は、このr710と対岸の町道を走るクルマやオートバイの音だった。あ、思い出した。山には山彦という音が反射する現象があったんだった。


r710付け替え区間は途中で歩道が途切れてしまったが、それでもちゃんと歩行者が通れるスペースが設けてある。(通る人は多いないと思うが。)
まだレジャーシーズン前なのだが、交通量は結構多い。途中で工事も行っていた関係か、大型車も結構走っている。きっと1ヶ月後には凄いことになっていそうな予感がする。


カーブを曲がると、交差点にぶつかる。真ん前に見えるのは神縄隧道。この位置で見ると廃隧道に見えるが、現役の隧道である。写真には写っていないが、右に曲がれば湖岸に沿ってr76中川温泉・犬越路方面に抜けることが出来る。
そして、そして左手に延びる道は……………………、