神奈川
険 道
710号線
#005
2007.03.10 走行
その3

1つの峠を越し、比較的まとまった集落を越えて、いよいよ久留里は秦野峠林道の起点に到達。伝説の県道へのアクセス路が絶たれた今、久留里は秦野峠を目指しつつ、道中にある県道を探すという新たな任務を負う。


ここまで来たら進むしかない。果たして真のr710は見つかるのか?!

6 うっかり八兵衛・久留里

11:47 [地図を表示]
県道(車道区間)を振り返る。峠越えの区間だけ林道でバイパスしている点は、昨年のGWに行った犬越路(r76)と同じだが、異なるのは、r710は端点まで2車線であることだ。(r76は途中からコンクリ舗装の1車線だった)。
というか、r710はほぼセンタライン付きの2車線で、狭かったのは小田急のガードと寄地区の集落内だけであった。


もう一つ犬越路と異なるのは、こちらの林道にはこのような標識が立っている。このあとも何枚か登場するが、これは林道のキロポストである。1kmおきに立っており、現在位置を把握するのに役立った。


序盤からいきなり1車線の上り坂。初めの1km弱は一般車両も通行可能で、↑の写真の通り、ゲートも無い。
バンガローが点在する鬱蒼とした林の中を、コンクリ舗装の林道が直登する。


[地図を表示]
鬱蒼とした林の中を登ると、分岐が現れる。分岐側は三廻部(みくるべ)林道であり、起点からチェーンで閉鎖されている。「林道は通行止め」がデフォルトなのが神奈川クォリティ。


↑の写真にマウスカーソルを乗っけた読者はんはお気づきだろう。
帰宅してから気づいたのだが、実はここに真のr710の入口があったのだ!!画面左側、意味ありそなガードレールの隙間がその真のr710が分岐している……と地図は言う。
この時、久留里はこの場所は真のr710の分岐点ではないと思っていたので、軽くスルーしてしまった。ああ、鬱OTL。

ああ、あそこに見えるのは真のr710………、

まぁええわ。次回の探索まで楽しみにしておこう。


さて、気を取り直した久留里は一旦緩やかになった上り坂をゆっくりのぼる。
道幅は1車線ジャスト。舗装は知らん間にアスファルトに切り替わっており、それなりに整備されているので走りやすい。クルマの往来がある程度ある。どうやら川釣り以外に観光施設があるようだ。


橋の袂たもとで再び分岐。読み方は分からないが、「宇津茂林道」というピストン林道が分岐している。その奥に観光施設とおぼしき建物があるのだが、頑丈なゲートが通せんぼしていて、徒歩でも入りづらい。
ゲートには「やどりき原生林」と書いてはあるが…。


2つ上の写真に写っていた赤い橋。「寄大橋」という。
通常の3倍頑丈そうな橋であり、ちょっとやそっとでは崩れなさそうであるが、林道にしてはちょっとオーバースペックのような気ぃする。


起点から1km足らずでゲートが現れる。一般車両の通行を許さない神奈川県が、秦野峠林道に限って解放してくれる……訳がない。
さて、入ろうかやめようか………お、隙間開いてるやん。2人のローディが早速脇をすり抜けたので、久留里もそれにならって進入する。


7 痕跡

12:08 [地図を表示]
1km地点。ゲート付近は舗装が少し荒れていたのだが、すぐに綺麗な路面になった。このコンクリ舗装は最近施されたようで、久留里が撮った場所のすぐ隣に東京都内の大学の気象観測施設に関係がありそうだ。


林の中を抜けて、林道は山肌に沿ってくねくねと軌跡を描く。
勾配は比較的緩やかであり、実際、今のフロントギアのポジションは「ミドル」である。


峠は久留里の目線よりもうんと高い所にある。前半の勾配が緩いということは、つまり、後がエラいことになるハズである。

2km地点を過ぎた所で、でっかい石を見付けた。崖から落ちてきたものなのか?誰かが敢えてそこに置いたのか?誰かって誰やねん。
特に名称があるわけではないので、「巨大落石」と呼んでおこう。


入口にある案内図によると、峠は6km地点にある。
まだまだ道は遠い。ああ、あない遠くに道がある………。


で、

あない高いとこまで上らなあかんのか……

あれは秦野峠林道ではないと思うが、確か地図を見ると秦野峠から支線の林道が延びていた。つまり、あの道筋は支線林道であり、その支線である秦野峠は少なくともあの標高まで登る必要があるということだ。


林道にはところどころ橋が架けられている。ほとんどの橋に2種類の扁額が設置されている。1つは橋の名称、そしてもう1つは橋が渡る沢の名称だ。ほとんどの橋が沢と同じ名称となっているのが分かる。
ちなみに写真に写っている橋は「菰吊橋」。読めないので別の扁額を見てみたら、ちゃんと「こもづりばし」と書かれていた。手前の白い"○"はコンクリの補修跡である………って穴デカス!!


12:51 [地図を表示]
4km地点を過ぎた。勾配は地味にだんだんときっつくなっている。林道はこれまで断崖を通っていたが、4km地点を過ぎたところで崖側に植林地が見られるようになる。画面手前にある不思議な物体は、ただの泥。雨が降るとこの道は川となることが分かる。

Yahoo!の地図上では、4km地点から先は県道区間、すなわち真のr710と重複していることになる。しかし、「険道を走っている」という実感は全く無い。
そない言えば県道とおぼしき「道の痕跡」をここで発見したが、確信がもてない。やはり登山地図の表記通り、真のr710は廃されている可能性が高い。


勾配は地味にきっつぅなる一方だが、まだまだ本格的な登坂は始まっていない。
しかし、画面の右上の白い物体は明らかにこれから久留里が上る秦野峠林道そのものであり、いよいよ本格的な登坂が始まろうとしている。


それにしても、だ。7〜8メートルの高さにある道が、久留里の目の前にあるのは何かの間違いやろうか?
あれを登れ、と。登りますけど。


[地図を表示]
推定10%のS字カーブを上り詰めると2つ連続した橋が現れた。オンバク沢にかかる第一・第二おんばく橋だ。
mapionでいう県道指定区間はここまで。このオンバク沢から県道は真のr710としえ峠を目指す……ことになっている。確かにそれらしき分岐はあるのだが……。


こちらもどうやら廃道化されているらしい。砂防ダムの向こうは「道」の「み」の字も見あたらない。これはF型装備を久留里に施して改めて探索した方が良さそうだ。


今まで通ってきた道を振り返る。だいぶ標高を稼いだが、峠はまだまだ先だ。朝から漕ぎっぱなしなのでヘトヘトだが、もう引き返すことは出来ない。そこに道がある限り、久留里は走り続けなければならないのだ。


残念ながら真のr710の探索はかなわなかったが、分岐点とおぼしき場所を確認することが出来た。
さあ、あとはひたすら坂を上り、峠を目指すのみ。

給水完了、ほな、行くで!!