神奈川
険 道
76号線
#001
2006.04.30〜05.01 走行
その9

早朝から始まったr76の攻略は、山北町中川の南側限界点にて一旦終了。この先は登山道となるため、久留里は迂回路である犬越路林道に入った。終点の犬越路隧道で第一の目的を果たし、第二ステージへ。

第二ステージの始まりは(初心者には)ハードな神ノ川林道が用意されていた。何とか最後のゲートを突破し、r76と3時間ぶりの再会を果たした。そして、青根を目指し、久留里は行く。

道中、残された廃橋を見学出来てご機嫌の久留里、この後、とんでもないミスを犯す?!

22 雲行きが…

06.04.30 15:32 [地図を表示]
京田橋の旧橋の発見はとても嬉しかった。現橋の扁額が地元の小学生が書いたという事実も知った。そうだ、青根を目指しているのだった。そして、青根から国道(R413)を下って、先日予約した宿へ行くのだ。


久留里がバイクを転がしておいた場所。京田橋を渡り終えたところにある待避所で、ここ以外の待避所は見た記憶がない。カーブの膨らみが待避所代わりなのだろう。r76は相変わらず1.5車線をキープしているが、2車線ではないので自動車同士の通行は難儀するだろう。


↑の写真を撮ろうとしたとき、向こう(青根方面)から1台のインテグラがやって来た。待避所の前で一時停止したあと、キュルキュルとスキール音をたててゲートの方へと去っていった。あの兄ちゃん、運転へったやなぁ。あのクルマにあの運転で神ノ川林道走ってみ?逝けるで、ホンマに。

おんなし場所から神ノ川の方向を臨む。
川を挟んだ向こうはR413の通る山梨県道志村で、今日泊まる宿のあるとこでもある。R413は交通量がとても多い国道だと聞いているが、本当のようだ。向こうの喧噪がこちらまで聞こえてくる。


小さなアップダウンを繰り返し、r76は下りに転じた。「よっしゃ!」と思い下り坂体勢に切り換え、勢いよく坂を滑り降りようとした。ところが、集落が見えると坂はまた登りに転じてしまう。
緩い坂を少し登ると集落が見えた。音久和(おんぐわ)集落だ。「やっと家やー!」と喜んでいたのも束の間、ただでさえ狭いr76が更に狭なって、遂に1.0車線に!!
「いつかはやると思った。」逮捕された容疑者を知る当時のクラスメイトはこう語る。起訴されたr76は原告側に「死道の刑」を求刑され、ピンチの状態。

脇には「幅員減少」の代わりに「制限速度は20km/hです」という文字だけの標識が立っていた。ちゃんと標識が立っている点は主要地方道として評価したいが、この道幅は3桁険道送りである。久留里が住む団地の遊歩道より狭い。神奈川の主要地方道で唯一不通区間を残し、荒れ放題の林道で迂回させ、遂に1車線に狭まった。次は何をしでかすのだ?

1.0車線となったr76は、音久和集落を申し訳なさそうにその頼りない道筋をくねらせる。また下りに転じた坂は段々急になり、こちらも登りモードから下りモードに体勢をかえる。

急な下り坂を「勢い」で下っていくと、分岐が見えた。分岐には小さな道標があり、
←国道413号|神ノ川入口バス停
と書いてある。右の道に対しては触れていない。迷わず左折する。

制限速度の2倍のスピードで急坂を駆け下りる。坂を下ればそこは「四つ辻」。
よっしゃ、国道見えて来たでぇ───────、

???

んな阿保な。なんで丁字路なんねん?
何故かクルマがバンバン行き交う国道らしき道路へ出た。あれれれれ?久留里の登山地図は津久井・相模湖町の合併も反映済みの2006年版であり、発行されたわずか数ヶ月で道路が大変形することはまず考えられず、どうやら道を間違えたようだ。まず現在地を確認……………って、分からん!!これは非常事態だ。体力が残っていない状態で、いまさっき降りた犬越路のようなスーパー急勾配をまた登りたくない。
とりあえず、国道の画面奥の方向へ進んでみた。


23 迷走

06.04.30 15:40 [地図を表示]
国道とおぼしき道路は、クルマや大型トラックがバンバン行き交い、まるでR246のようだ。場所が場所だけに、その交通量に驚く。この道路がR413である可能性は極めて高いが、まだ確証が得られない。取り敢えず東と思われる方向に進んでみた。

やはり、ここはR413だった。
いま、久留里はR413を東方向、つまり厚木方面へ進んでいる。やはり"あの"分岐で間違えたようで、駆け下りた坂は県道ではなくただの町道(あ、合併したから「市道」か)だ。だが、引き返すだけの体力が残っていないので、このまま進み、R413とr76の四つ辻を探す事にした。
ところで、この先に気になる分岐がある。「パッと見ぃ住宅地に突っ込んで即終了の市道」に見えるので、寄り道せずに真っ直ぐ進んだ。

予定ではここ(地図サイトに飛びます)の四つ辻にぶつかる筈だ。周囲はR413の旧道らしき道が絡みついており、インターネットの地図では何がどうなっているのか分かりにくい。

今走っている道は明らかにバイパスだ。曲がりくねってはいるが、よく見ると、道路は山肌ではなく桟道※1や高架橋であり、道路自体もそんなに古くは見えない。さっきの気になる分岐は旧道ではなさそうなので、どうやら既存の道路を改修または付け替え時に撤去したようだ。


そして、ようやっとR413とr76の四つ辻にぶつかった。信号機は無いが、見通しの良い四つ辻だ。
バスがにょきっと顔を出しているのがr76。画面奥から手前にR413が交差しており、久留里は画面奥からやってきた。本来はバスが顔を出しているとこから出てくる予定だった。
地図で見ると、R413の旧道がこの近くに見える筈だが、それが見当たらない。どうやらループを描いて現道の陰に隠れてしまっているようだ。


やっと合流地点を見付け、落ち着きを取り戻すことが出来た。r76に入ったとこに商店が見えるので、ここで休憩することとしよう。

24 接点

06.04.30 16:05 [地図を表示]
遠回りをしてやっと着いたのは、今日の最終目的地である青根(あおね)。上で述べたように、R413とr76の接点となっており、登山客はR413の厚木方面からバスでここまで来て、周辺の山々に登っているそうだ。

ちょうど久留里が商店の前で休んでいるときも、登山を終えたばかりの団体さんが、道路を挟んだ向いでバスを待っていた。みなご年配の人たちだった。1人の男の人が携帯を片手にあっちへ行ったりこっちへ行ったりしている。どうやらここも携帯の電波が届きにくいようだ。「ドコモが使えないよ〜」と言わはっている。その人の携帯はMOVAだったが、やっと電話が繋がり、安心しなはってるようだ。
あ、そない言えば───。久留里はバッグから死にかけの携帯を取り出し、オフラインモードを解除した。どうでも良いとこで"バリサン"で有名なvodafoneだが、海外仕様の3G機はこの法則は通用しない。やっぱり「圏外」のままである。もう6時間も圏外のままである。エラいとこ来てもうたな、わい。

商店の前で大の字になっていると、バスがやって来た。地元(茅ヶ崎)の神奈中と同し色だが、このバスは「津久井神奈交バス」。神奈中の子会社だ。
この時、自転車はそばに転がしておいていたのだが、何故かバスの扉が開き、「乗りますか?」ときかれる。いいえ、乗りません。自転車ですので。
バスはループを描いてR413の陰に消えた。気になるので徒歩でそのループを辿ってみた。

ループはR413の旧道だ。地図の通り、今でも国道指定を外されていない。バスはこの道を画面奥の方へ進み、この先の右カーブへと吸い込まれて行った。バスは何処へ行ったのか?地図ではこの先のR413現道で合流するようだが、何処で合流するのか?


気になるので、自転車を取りに一旦商店に戻り、旧道を走ってみることにした。
尚、ミスコースにより今日通る予定だった音久和〜青根の交差点の区間は明日走ることに決めた。

R413の旧道はループを描いて高度を下げ、現道の下を走る。旧道であるにも拘わらず市道に格下げられなかったのは、おそらく青根の集落と旧道から分岐する生活道路の連絡のためだろう。だが、旧道はすぐに道幅を2車線から1車線に狭めた。そして………………、

わぉ!!
何と旧道の行き先は、いまさっき無視した気になる分岐点だった。見れば分かるが左が現道で、右が旧道。停止線を見ると2車線のように見えるが、いわゆる「インチキ2車線」であり、実際は1車線ちょっとしかない。ここをバスが通る訳だが、こんなとこで鉢合わせしたら離合不可能。
久留里初めての酷道区間、思わぬ収穫だった。道を間違えたお陰だ。



旧道の発見に喜んでいると、体内の燃料切れアラームが鳴り始めた。時刻は16時20分前だが、12時間近く走っている。分岐点から現道に入り、今度は西方向、つまり山梨方面にバイクを走らせる。
同志川を両国橋で渡り、山梨県道志村に入った。自転車での山梨県入りはこれが初めてだ。対岸の神奈川県側は、単色の地味なのに対し、こちらの看板はカラフルだ。あ、この看板が所謂「カントリーサイン」というやつか?


道志村に入ると、間もなく今日泊まる宿に到着。ライダーと山チャリスト御用達の宿だそうで、バイクを買うた自転車屋さんのおじさんも世話になったという。

何とか1日目の行程を終わらせた久留里。明日はどんなイベントが待ち受けているのだろうか?