神奈川
険 道
76号線
#001
2006.04.30〜05.01 走行
その7

早朝から始まったr76の攻略は、山北町中川の南側限界点にて一旦終了。その後、迂回路である犬越路林道に突入し、遂に隧道に到達。長い長い隧道をくぐると、そこは荒れ狂った神ノ川林道が待ち受けていた。

序盤は"落岩"やガレガレの悪路にひやひやしながら、ゆっくりと林道を下る。停まっては撮り、停まっては撮りを繰り返してようやく榧の木橋(かやのきばし)に辿り着いた。

神ノ川林道後半戦、最後に待ち受けていたのは!!??

16 復活

06.04.30 13:49 [現在地不明]
何とかここまで辿り着いたが、手持ちの丹沢広域登山地図では何処を走っているのかかいもく検討がつかない。
クルマも通らない人も通らない電話も通じない山奥で、これは結構深刻な問題であるのだが……………。とりあえず行ってみよう。


榧の木橋を渡り、日陰に入ると、滝を見っけた。
すぐ横には標柱が立っており、これが桧皮沢の滝であることが分かった。
この標柱、山岳救助隊用の目印なんかいな?


しばらく進むと路面は突然コンクリ舗装へと変化した。写真は振り返って撮ったもの。
相変わらず落石が多いが、さすがにはなくなった。


いや、あんさんに言われんでも分かってますから。
ゲートを突破して以来、初の道路標識が現れた。「警笛鳴らせ」同様、林道名物の「その他の危険」だ。補助標識には路肩弱しと書いてあるが、どうせなら崩落注意とかあと5分で決壊しますくらいリアルに書いておいた方が良いだろう。
ちゅうか、犬越路側のゲートにも立てとけ→神奈川県県北地域行政総合センター森林課


コンクリ舗装は一旦途切れて砂利道に戻ったが、50mほどで再びコンクリへ回復。
そして、遂にアスファルト舗装へと回復した。
「クルマ通らへんのに何で舗装すんねん」と突っ込みたいとこだが、神ノ川林道の場合はアスファルト舗装して岩が10個落とせばそこらへんの未舗装林道と同レベルになれるので、アスファルト舗装はこれからもしていきたい。あ、もちろん路盤整備なんかしたらあかんで。あくまでも簡易舗装で。


アスファルト舗装へ回復した神ノ川林道。勾配はきっついままだしパンクの心配が減ったので思くそ飛ばしてみた。神ノ川林道は20km/h制限。15km/hオーバーでジェットコースターの如く滑り降りる。爽快爽快そうかいそうかい。

そして、遂に……………、

17 桧皮橋

06.04.30 14:00 [地図を表示]
橋キタ━━━━!!!!

Mapion BBにも載っている桧皮橋(ひわたばし)が現れた。振り返って撮影。
余所さんのサイトでこの橋の存在も写真も確認済みだったのだが、想像以上にでかい。無駄に凄い。桧皮橋の前後だけは1.5車線が確保されており、非常に広い。榧の木橋がえらい立派に感じられたのだが、これはオーバースペックなんちゃう?
出発前の調査では、この橋を迂回する道が書かれており、本線は点線なのに、この道はしっかりと白線で書かれていた。どうやら旧道のようだ。


木々に埋もれていた銘板。「桧皮橋」の文字には僅かながら輝きが残っており、この橋は平成入ってから架けられたと見た。


ほいで、こちらが桧皮橋が出来る前のルート。
やけに盛り上がっているが、これは廃道化処理された証拠で(元々廃道みたいな林道だが)、この先、道は意図的に分断されている。
そのうちこの林道は橋だらけになるのだろうか?


これから行く道。神ノ川林道は森の中へ吸い込まれ、暗くて不気味だ。オバケだけは堪忍や。
尚、桧皮橋から先はまた砂利道に戻る。舗装するのかしないのか、はっきりして欲しい。
で、画面手前が広場のようになっているが、実はここで一つ上の廃道が分岐しているのだ。

さて、先へ行こう。水分を補給し、出口を目指す。


林道は鬱蒼とした森林地帯に入ったり抜けたりを繰り返す。気が付けば路面はまたアスファルトへと回復した。ガードレールも現れるようになり、徐々に道路状況が良くなっている。
途中、土砂崩壊が起きたと思われるとこに遭遇。瓦礫は「ある程度」のけてあるが、路面は明らかに落ちてきた石で埋もれており、ラインを見失った。束の間、ハンドルがコントロール出来ず、山に突進!!
何とかブレーキが効いて、タイヤが石に挟まって止まって「衝突」は免れたが、冷や汗をかいた。ふぅ。

もし、これが山でなく谷側へ突進していたら…………………((((°д°))ガクガクブルブル。

18 双つの穴

06.04.30 14:12 [地図を表示]
難所を越えると、もうそこは快適なアスファルトロード。「生きる屍」と揶揄され(←と勝手に決めた)、一般車はおろか自転車での通行も難儀する神ノ川林道との戦いは、既に終盤戦に入っていた。地図を見れば、この先に2つの短い隧道があり、そして、ゲートがあるという。ゲートをくぐれば、迂回ルートは終了……。

そして、遂に一つめの隧道が現れた。
小洞(こぼら)トンネル。100mに満たない短い隧道だが、洞内はカーブしており、勾配もあるので出口が見えない。
銘板もしっかり貼ってあったが、撮り忘れてしまったので詳細は不明。しかし、パッと見ぃつい最近掘られたor改修されたことは確かだ。
実は桧皮橋からここまではライトを点けて走っていたのだが、先月からバッテリ交換していないせいか、照度が落ちていた。よし、トンネルに入る前に電池を交換しよう。
(よう考えればここは落石現場。命がけの電池交換だった。)


電池を交換し、出発しようとすると、トンネルからわんこを連れたご夫婦が現れた。
挨拶をし、久留里が犬越路隧道を抜けてここまで来たことを話す。どうやらご夫婦は神ノ川林道の終点注1まで「行けるとこまで」行かはるそうだ。
「途中、大きな石や岩が落ちていますが、何とか行けます」と話し、彼らと別れた。

注1:神ノ川林道はゲート→犬越路隧道が本来の方向。久留里は終点から逆走しているのだ。

小洞トンネルを抜け、カーブを2つ3つ曲がるとお次は孫右衛門(まごえもん)トンネル。こちらは勾配があるがストレートなので出口が見える。
坑口は小洞トンネルと同しデザインで、扁額左上のイラストが異なる。小洞トンネルは川蝉だったが、こちらは岩魚と思われる魚だ。


孫右衛門トンネル坑口付近に貼ってあった銘板。通行止めなのにやけに綺麗な隧道。
残念なことに、孫右衛門トンネルは洞内が落書きされていた。幸い被害は少しだけだった。ここまで登って悪戯するほど暇なら、何かええことやればええねんに。


孫右衛門トンネルを抜けると、小さな滝がお出迎え。久留里の健闘を祝すかのように、さーっと爽やかな音を立てて落ちている。すてきだ。


滝をパスすれば、進行方向には最後のゲートが現れる。神ノ川林道との戦いが終わろうとしている。ゲートのすぐ先は公園のような広場が見え、そこがチェックポイントの神ノ川ヒュッテと思われる。
問題はゲート。犬越路林道起点や犬越路隧道直後のゲートとは違い、こちらは両側に大きな岩が置いてあり、久留里を山に追い返そうとしている。こういう事態に備えて、久留里はアレを用意しておいたのだ。

ここでゲートの裏側の写真を載せたいとこだが、撮るのを忘れた。ちゅうか、携帯のバッテリが切れそうなのとメモリカードの残量がわずかなので、必要最低限の分しか撮っていなかったのだ。

こほん。ほな、行きまっせ。

星の力を秘めし『鍵』よ、真の姿を我に示せ。わいが勝手に命じる。

『封 印 解 除』(レリーズ)!!

ほな、通さして貰いまっせ。

『クロウ』の創りしカードよ、我が『鍵』に力を貸せ。
カードに宿りし魔力をこの『鍵』に移し、我に力を!!

『扉』(ゲート)!!

ギギギギギギギ……………………、
ゲートが開いた。広場に居てるおっさんに気付かれる前にさっさと行ってしまおう。

よっしゃ!!
神ノ川林道、制覇!!