神奈川
険 道
76号線
#001
2006.04.30〜05.01 走行
その1

0 はじめに

神奈川県道76号線「山北藤野線」は、足柄上郡山北町と津久井郡藤野町を結ぶ主要地方道である。大抵、路線番号が2桁の県道は主要地方道であるのだが、「主要地方道なのだから、路線はとても整備されている」というのは大間違いである…………ということが分かった。

神奈川県の県道は他県の県道とは違い、道幅が狭くても、勾配がキツくても、それなりに整備されているらしい。昨年(2005年)、初めて峠越えにチャレンジしたヤビツ峠(r70秦野清川線)も、路面は荒れてはいたが、ガードレール完備で走りやすかった。
しかし、地図をぼーっと眺めていると、丹沢の向こうに自動車通行不能と書かれた、一本の黄色い線を見付けた。その路線こそが、今回紹介するr76である。

久留里の山ちゃり初デビューが、いま、始まった!!

当サイトでは、県道●●号線を"r●●"、国道●●号線を"R●●"と表現しています。

1 起点は酷道区間

06.04.30 7:44  [地図を表示]
午前5時、茅ヶ崎を発った久留里はR1を小田原方面へ下り、小田原市親木橋交差点からr72に入る。r72は大井町金子でR255に合流し、R246籠場インター付近まで重複する。
茅ヶ崎からJR松田駅までは約2時間。

庶子交差点からR246に入り、御殿場方面へ向かうと、すぐに狭隘区間入る。ここは両サイドに民家が迫っているので、拡幅が出来ないのだろう。R246は大型トラックがバンバン走るおっかない国道で、狭隘区間でなんべんもトラックに轢かれそうになった。まさに命がけ。
大型トラックと競争していると、向原交差点に到達する。本当に何処にでもあるごく普通の交差点だが、ここが今回のターゲットである、r76の起点である。


r76は起点からR246と重複する。R246の狭隘区間を抜けて道幅が広くなると、Y字の分岐へ出る。(写真は撮り忘れたが)r76は右手のインチキ2車線を通れば良い。
分岐に立っている青看をよく見るとr76のヘキサ(県道標識)が後から貼られていることが分かる。実は、右手のr76はR246の旧道であり、つい最近まで国道指定されていた。以前(2005年11月)ここを通った時はヘキサは貼られていなかった。

r76の山北町南部区間は、もと国道だけあって道幅が広くとても走りやすい。また、r76沿線はとても静かで、すぐ隣のR246現道の喧噪が嘘のようだ。ただ、もと主要国道だけあって路面が荒れているので、ロードバイクの方は走行に注意が必要かも知れない。


県道は樋口橋交差点で一瞬だけR246と重複し、新安戸隧道の手前で再び別れる。地図ではつぎの安戸交差点まで重複しているようにかかれているが、ご覧のように新旧の隧道が仲良く並んでいる。
旧隧道はパッと見ぃ廃隧道に見えるが、もちろん通行可能だ。ただし、厚木方面のみの片側通行である。


2 ダイナミック

06.04.30 8:17  [地図を表示]
安戸隧道を抜けると、R246との接点にぶつかる。r76は本当にR246にタッチするように接続する。
r76に入ると、何やらたのしい看板が…………


キタ──────。

今は県道だが、この区間はもと国道である。
山北バイパスが出来る前は、どんな酷道ぶりを発揮していたのだろう?


なんだかにぎやかな標識たち。
幅員減少・R=65のカーブあり・通行規制標識そしてヘキサ……。
路面はしっかりとしており、さすがは国道!!だと思うのだが、狭い


旧道から山北バイパスを臨む。
風光明媚な景色が拡がり、とても気持ちがよい。トンネルと橋を多用してストレートで突っ切る現道に対して、旧道であるr76は山肌に沿ってぐねぐね曲がりながらアップダウンを繰り返す。両者を隔てるのは酒匂川。河原には釣り人の姿が見える。素晴らしい景色をのんびりと楽しめるのも、交通量の少ない旧道ならでは。


r76は新鞠子橋(しんまりこばし)交差点でR246接すると、規制区間はおしまい。
長〜い信号を待つ。そこへ、一台の原付バイクがやって来た。ツーリングか?それとも久留里と同じ旧道調査だろうか?久留里と二人で信号を待つ。
早う信号変わらへんかなぁ………。


ポカーン(°д°);;;

遙か天空を貫く一本の道路。高さは40mはあるだろうか?こない高い所に道を通してしまう人間の技術にただただ唖然…………。


信号がやーっと青になった。久留里も原チャリもr76(旧道)に入る。坂を少し下った所で1車線のか細い県道が別れていく。路線番号は727。原付はr727へ入って行ったが、ここはr76ともR246とも関連性はないと判断し、そのまま「現在の」r76を進む。

─────おかしいな。
久留里の持つ"旧道"のイメージとは違うし、いまさっき通ってきたR246旧道部分とも違う。あまり手入れはされていないのか、路面は荒れているが、今まで通ってきた「旧R246らしさ」がない。

不安を抱えながら「いまのr76」を走る。道そのものはしっかりとしているが、路面は荒れている。ロードバイクはパンク注意の区間だ。
R246と御殿場線を大胆にオーバークロスしたr76は、谷峨駅を通過。坂を下ると谷峨駅前交差点に突き当たる。んん??お隣の歩道が気になる。自転車通行可のようなので、行ってみよう。トラックおっかないし。

旧道だよ!!
旧道が歩道に転用される例はよくあるが、左写真のような形で転用されているのは珍しいのではないか?

r76は一旦R246に重複し、清水橋交差点を目指す。r76上にある「道の駅 山北」の案内板が画面右上に写っている。


清水橋交差点を右折。いよいよr76が単独区間となる。この先、r76は単独で犬越を目指す。